2012/03/21

スロヴァキアツアー2012最初のコンサート

Rehearsal in Topolcany
 
3月の仙台フィル定期終演後、車で保育ママさん宅へ子供を迎えに行き、家族で仙台フィルファンクラブの集いに参加させてもらい、1月23日に行ったコンサートの支援金を頂きました!(ありがとうございました。)気持ちが嬉しく、また頑張ろうと思いました。そのまま東京へ向かい、娘二人はバーバ宅で留守番。娘達としばしの別れ(涙)翌朝成田空港へ。
雪の散らつく日本を後にウィーンの空港に到着するとヨーロッパは既に春の陽気に包まれていました。
翌日は一日OFFで、ゆっくり練習しながら過ごし、次の日からはヘンリが6年間学び最優秀学生として卒業した町「ジリナ」でのオケリハーサルを皮切りに連日オケ合わせ、ゲネプロ、演奏会の連続。
指揮者は仙台フィルにも2度ほどいらして下さった素晴らしいチェコ人の指揮者レオシュ・スワロフスキー。
温かくフレンドリーな雰囲気で演奏会をポジティブに素晴らしいものにしてくれました。東京を発って3日後に最初のコンサートがあったのですが、その「トポルチャニー」という町は偶然にもヘンリが生まれた町でした。
ヴィヴァルディの春、メンデルスゾーンのダブルコンチェルト、その後グリーク、モーツァルト、が続きました。

After subscription concert in Sendai we sat in the car and drove to Tokyo. Next day was waiting flight for us. We came to hot Europe from cold Tokyo. We had one day to rest and practice in Nitra. And then Henri could reunite after 19 years with Slovak Sinfonietta in Zilina, Slovakia where he used to study at conservatory and finished as a best student of Year.
In the first rehearsals orchestra was wonderful under Mr. Svarovsky, who also conducted Sendai Philharmonics twice. Friendly atmosphere won over everything and 3 days after we left Tokyo we gave our first concert in Topolcany. By chance this city is born city of Henri. He was performing there for the first time, since he never lived there.
We played Vivaldi's Spring and Mendelssohn double concerto. After Slovak Sinfonietta continued to perform Mozat and Grieg's works.